病気になる遺伝の要因

病気になる遺伝の要因について

病気についてを考察する

病気は病や疾病とも言われ、身体に生理的、精神的機能上に障害をきたし通常通りの健康な日常生活が困難な状態のことをいいます。病気が遺伝によるものか環境によるものかについて多くの研究がされていますが未だ明確な要因解明には至っていません。ただ、遺伝子を変えることはできませんがそこに影響を与える環境を変えることが出来るということは明らかです。その為にとても重要となるのが自己再生機能、自己防衛機能です。そして、これらを兼ね備えているのが自然治癒力であり、これを高めてくれるのが免疫力になります。この免疫力をアップするには毎日の生活での食事、運動、睡眠などの生活習慣が大きく影響しますので規則正しい生活を心がけましょう。

病気の要因としての遺伝の捉え方

病気になる要因は人それぞれ様々ですが、遺伝もその中のひとつとして挙げられます。先祖が特定の疾患にかかった経験のある場合、自分自身も同様の経験をすることがあります。ただ、必ずしもそうならないことも多くあります。全くの病気知らずで一生を過ごすことが出来る人は、必ず家系の中に存在しています。すなわち、遺伝というものをとらえるときには、その疾患に対する念のための予防に留意すると同時に、必ずしも経験してしまう訳ではないということを自分に言い聞かせながら、気持ちの上でバランス良く生きていくことが大切になります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 病気になる遺伝の要因について All rights reserved